お問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-13-0236

〒536-0005 大阪府大阪市城東区中央1-6-18

駐車場完備蒲生四丁目駅より徒歩7分

大阪市 歯医者 歯科 インプラント 歯列矯正 ホワイトニング 歯周病治療

インプラント

インプラント治療とは

インプラント模式図

人は永久歯を失うと、残念ながら歯は二度と生え変わってきません。そのため今までは『入れ歯』などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。しかし『入れ歯』だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。このように歯を失ってお悩みの方に新しい治療法が『インプラント治療』です。

『インプラント治療』は失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込みその上に人工の歯を作製して咬み合わせを回復する治療法です。固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。

治療の流れ

  1. 診断

    まずインプラントに必要な診査と診断を行い、きちんとした治療計画を立てます。

  2. 一次手術

    最初の手術はインプラントを埋入する手術です。
    まずインプラントを埋入する部分の歯肉を開き、顎の骨に埋入します。続いて開いた歯肉を縫い合わせて閉じます。この後、しばらくの期間を置いて骨とインプラントが結合するまで待ちます。期間は個人差がありますが、下顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月程度が目安です。この間は、必要に応じて仮の歯を入れますので、日常生活には支障ありません。

  3. 二次手術

    次は新しい歯を装着するための準備ともいえる手術です。
    この手術では、歯肉を開いてインプラントに支台部を接続します。支台部とは歯を直接支える部分です。(上図参照)
    その後、3週間から1ヶ月ほど歯肉の治癒を待ちます。この間は、やはり必要に応じて仮の歯を入れますので、日常生活には支障ありません。
    (インプラントの種類によっては、二次手術の必要はありません)

  4. 歯の装着

    いよいよ新しい歯の製作と装着です。
    歯を製作するために型をとり、その型に従って人工の歯を製作します。その歯を支台部に装着して、完成です。

  5. メンテナンス

    当院ではアフターケアもしっかりと行っています。
    まずインプラントの形をよく理解した上で確実なブラッシングを行い、歯垢や歯石の沈着を予防します。1ヶ月から半年に一度は定期的に検診を受け、インプラントのチェックを受ける事をお勧めしています。

インプラントの治療の流れ

インプラントについてよくある質問

インプラントをするとどれくらい噛めるようになりますか?
入れ歯が粘膜に支えられているのに対し、インプラントは骨に支えられているため、天然の歯と同程度噛めるようになります。
インプラントはどのくらいもちますか?
永久的なものではございませんが、その寿命は患者さんのお口のお手入れによって決まります。天然歯と同様に手入れが悪ければインプラントの寿命も短くなります。
どのような手入れをすればよいですか?
特別な手入れは必要ありません。歯ブラシと歯間ブラシを使って毎日丁寧に清掃するだけです。ただし、継続的なメンテナンスが必要です。半年に1度くらいご来院いただき、検査と清掃をさせていただきます。
手術の時は痛くないでしょうか?時間はどのくらいかかりますか?
手術の時は麻酔をしますので痛みはありません。時間はインプラントの本数や、諸条件によりますが、短時間で終わります。インプラント2-3本で通常1時間半以内には終了します。歯を抜くのと同程度の時間です。
インプラントは誰にでもできるのですか?
体調に問題がなければ、高齢の方でも治療を受ける事ができます。しかし顎の骨の量が少なかったり、また持病によりインプラントが不可能な場合もございます。また、お口の清掃状態の悪い方や医師の指示を遵守いただけない方はお断りをさせていただいております。
インプラントの費用はどのくらいかかりますか?
インプラントには保険が適用されません。治療費は検査診断料、手術料、材料費、インプラントに取り付ける冠の費用の合計です。状態にもよりますが、1本約25~30万円(税別)程度かかります。
蒲生四丁目駅の鹿谷歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

 

Mobile Site QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。
このページの先頭に戻る