お問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-13-0236

〒536-0005 大阪府大阪市城東区中央1-6-18

駐車場完備蒲生四丁目駅より徒歩7分

大阪市 歯医者 歯科 インプラント 歯列矯正 ホワイトニング 歯周病治療

矯正歯科

歯列矯正とは

出っ歯や受け口(反対咬合)といった悪い咬み合わせやらんぐい歯のような悪い歯並びをきれいにする治療を矯正治療(歯列矯正)といいます。

歯列矯正は単に見た目を良くするだけでなく、機能的な問題(かみ砕く能率、顎の運動)の改善や歯周組織を含めた歯の健康の向上に関わっています。悪い歯並びや咬み合わせのままですと、歯は“噛む”という作業に対して参加が弱まって咀嚼(かみ砕く)力が落ちたり、咀嚼の際に各々の歯が十分に機能していないために、歯肉や歯槽骨といった歯のまわりの組織が丈夫になりません。また、歯ブラシが良く届かない事によって、虫歯や歯肉炎になりやすかったりします。

口の中の健康は単に、虫歯を防ぐ事や、虫歯を治す事だけで得られるものではありません。よい歯並びと咬み合わせが加わってこそはじめて口の中の健康が得られ、長持ちします。生涯自分の歯で楽しく食事をするために、矯正治療に挑戦してみませんか。矯正治療は、自分の歯を矯正装置の力でゆっくり顎の骨の中で動かして並べ治す治療です。

過蓋咬合

咬み合わせが深く、前から見ると下顎の前歯が見えなくなってしまいます。
ものをよく噛めません。

開咬

口を閉じても、前歯が開いてしまい、歯が上下で噛み合いません。

受け口

下の歯が上の歯より前に出ている事をいいます。
うまく噛めないだけでなく、聞き取りにくい口調になってしまいます。

叢生(でこぼこ)

顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪く、歯の生える場所がなくなっている状態です。
上下間で噛み合いません。

出っ歯

上の前歯が強く前に傾斜していたり、上の歯並び全体が前に出ていたりする状態をいいます。

上下顎前突

上も下も、歯がとびだしている状態をいいます。
この症状の人は、唇が閉じづらい状態である事がよくあります。

蒲生四丁目駅の鹿谷歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

 

Mobile Site QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。
このページの先頭に戻る